読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入江佑未子のライティングサンプル

いりゆみが書いてきた記事一覧です!

生命保険 ライフステージ別の保障

まずはトップページからお入りください

こちらの記事は、たとえば独身の女性と既婚の女性では必要な保障の内容が違うということをお伝えし、閲覧者の方に、より本人に合った保障の考え方を提案したものです。

こちらでは一部ご紹介します。

(地域情報サイトに掲載・サイト運営者はファイナンシャルプランナーの会社でした)

 

リード

今、あなたは何という名前の保険に入っていますか?

そしてその保険には、どのような保障が、どのくらいついていますか?

もしかしたら、その質問にはっきりと答えられる人は少ないのかもしれません。

もし答えられたとしても、なぜその保険に入り、その保障は何のためにつけたのか、実のところはっきりとしない、という人も多いようです。

 

あなたはセールスレディに勧められて入った保険に、内容を確認しないまま、今でも保険料を払い続けていませんか?

 

女性のライフスタイルは、年月とともに大きく変化します。

その変化に伴って発生するリスクに備えるのが、保険のもつ本来の役割です。

自分のため、そして家族のために、無駄のない、適切な保障を備えておきましょう。

 

このページでは、それぞれのライフステージで必要な保障について考えていきます!

 

<独身 一人暮らしの女性>

人はなぜ保険に加入するのか、という基本をもう一度考えてみましょう。

人は「万が一何かが起こった時」、自分の生活を守るため、もしくは家族の生活を守るために保険に入りますよね。

人生に起こりうるリスクに備えて、自分、そして家族の安心をお金で買うのです。

 

では、独身で、生活のすべてを自分の収入でまかなっている女性にとてのリスクはどこにあるのでしょうか。

それはやはり、病気やけがなどによって多額の出費が発生すること、にあります。

独身である今、あなたが死亡することによって家族が経済的に困ることは、一般的にはありません。

しかし、もし万が一あなたが病気やけがをした場合、思わぬ出費があなたの自立した生活を脅かすことになりかねません。

そんなあなたにとって、今最も必要なものは、病気やけがに対する備えです。

病気やけがには一般的に「医療保険」で備えることになります。

~中略~

 

<既婚、子どもの出産予定あり>

まだ子どもはいないけれど、これから子どもを産みたいと考えている人はまず、予定している出産のリスクに備えることをおすすめします。

今、生命保険会社では、女性のための医療保険が販売されています。

これは、特約をつけることによって、一般の医療保険の保障に、女性特有の病気に対する保障を上乗せすることができる商品です。

具体的には、すべてのガンと女性特有の病気(保険会社によって保障の範囲が違います)、帝王切開などの出産トラブルに対して上乗せ給付が行われます。

ただし、妊娠28週から産後一か月の期間は保険の加入を断る保険会社がありますし、たとえ妊娠中に加入できる場合であっても、その妊娠で起こった子宮のトラブルは通常、加入から一年の間、保障対象から外されてしまいます。

~中略~

 

<シングルマザー>

まず、死亡保障は、家計を支えるあなたの不在によっておこるあらゆるリスクを想定して備えていかなければなりません。

子どもたちの生活費、学費、ローンの返済、保育の有無など、あなたに万が一のことがあった時に子どもたちがそれらのお金に困ることのないよう、十分に備えておきましょう。

 

また、死亡保険金の受け取り方にもいくつかの種類があることをご存知でしょうか。

保険金のすべてを一括で受け取る形が一般的に良く知られていますが、保険の中には、保険金を月々で受け取ることのできる「収入保障保険」というものがあります。

たとえば、あなたの家族は一括で大きな保険金を受け取った時、そのお金を上手に使うことができるでしょうか。

収入保障保険では保険金が毎月、お給料のように支払われ、まとまったお金が必要な時にも一時金の受け取りを請求することができますので、残された家族のお金の使い方が心配な方におすすめすることができ、保険料も定期保険より安くなります。

~中略~